こんにちは!

 

菜園ナビ事務局ワイです。

本日は菜園ナビ「教えてください!」から

ナビラー(ユーザー)さんの困ったときの解決策をご紹介します!

 

みなさん、家庭菜園をしていて

茎が折れてしまったこと、ありませんか?

 

毎日毎日、手塩にかけて育て

成長を見守っていた子の主茎が、

ある日突然、ぽきりと折れてしまった…

 

家庭菜園には思わぬアクシデントもつきものです。

 

先日、トマトの主茎が折れてしまったちきんさん。

必死の思いでナビラーのみなさんに呼びかけました。

 

主茎が折れてしまいました。 テープで止めようとも、場所が悪いため止まりません。

諦めるしかありませんか?

蕾がついたし、長いだけに残念です。

教えてください! 知恵を貸してください!」

茎折れ1

茎折れ2

茎折れ3切実な思いが伝わってきます。

 

その思いに応えるように、

トマトちゃんさんからアドバイス。

「私も主茎を折りました。

1週間後ころから、脇芽が復帰しました。

これを本芯に生育させ、現在は20㎝くらいに伸びています。

ひよこさん、宮五郎さんも脇芽が育つから大丈夫!と力強いお言葉です。

 

もんぶらんさんは

「その折れたやつ水に挿しておけば根っこが出てきますよ。ちょっと長いから切ったほうが良いかも。

茎折れ4

 

たくさん根っこ出てきたらポリポットに植えます。

最初のうちは萎びれて大丈夫かな〜って感じだけど根気よくお水あげれば元気になってきますよ。

(直射日光当たらない所で) 新しい葉が出て育ってきたら畑?プランター?に植え付けます。

私は脇芽や折れたのを発根させて増やして育ててます。」

茎折れ5

写真付きでご教授くださいました。

頼もしいお言葉です。

水の中で根が生えていくのを見ると安心できますね…!

「毎日お水を替えてあげれば1週間もすれば出てるんじゃないかと。」

 

イケイケ(元イヤイヤ)菜園さんも水挿し派で、

「2/3位の切断は(結果として)育ってくれた事ありますけど。

ここまでポッキリだと(テープで補修するより)根っこ出した方が簡単だと思われます。

これで根が出たら花芽も上手くすれば残ってくれるかもしれませんね」

 

たけさんは

「水にささなくても直接土にさしても根付くまで水をしっかりあげてればつきますよ

元々の株はわき芽がどんどん伸びてくるのでそっちを伸ばせば大丈夫!」

水ではなく土でも大丈夫!

ただ、テープで補修し、

元の姿に戻すことも諦めきれないちきんさんに希望の光が。

「植物は接ぎ木できるので、うまくつく可能性も十分あります

 

今回のみなさんの回答をまとめると

①脇芽を伸ばして主枝に生育する。

水に挿して発根させ、育ってきたら土に植え付ける

③直接土に植え付け、活着させる。

―折れた断面から枯れていたら、枯れた部分は切ってしまってください。

④テープで繋いで、接着する可能性にかける。

―茎が折れてしまっても、トマトは生命力が強く、元通りにすることも可能です。

少しでも繋がっている場合は、時間をおかずに素早く断面を合わせ、

接着するようにマスキングテープなどでぐるぐると巻き、支柱に誘引し、しっかり固定します。

 

ただ、完全に離れてしまっている場合は、再度繋げることはなかなか難しいようで…

 

最終的にちきんさんは

水挿しで発根させることにされました。

無事に根が出て、一度折れてしまったなんて分からないくらい

元気な姿を見せてくれますように。

 

ちきんさん後日談お待ちしております!

 

 

※掲載した対処法は、効果を約束するものではありません。

参考に実践される際は、自己責任でお願いいたします。

 

 

ちきんさんとナビラーさんのやり取りは菜園ナビでご覧になれます!

https://saien-navi.jp/pg/blog/read/5745480/

 

チックさんのトマトは接着して見事に再生!

https://saien-navi.jp/pg/blog/read/4478829/