こんにちは!

菜園ナビ運営事務局のワイです。

今日は栽培コンテストの結果発表の日です!

みなさんさすがの栽培記録です。

ぜひぜひ覗いてみてくださいね☆

https://saien-navi.jp/pg/spages/11

 

さて本日は、ちゃーるさんの「教えてください!」から

「霜にやられた(泣」

「霜が降りるって言っていたので、不織布を掛けたけど足らなくて防虫ネットにしたら案の定黒くなっちゃいました。

ちゃーるさん1

ちゃーるさん2

慌てて多めに土寄せしておきました。

効果あるのかな?

まだ不織布かけたほうがいいですか?」

 

ちゃーるさんのじゃがいもの葉が少し黒くなってしまっています。。

今の時期、湿度が高く気温が下がり、霜が降りると

農作物に大きな影響を与えることも少なくありません。

霜対策、みなさんどうしているのでしょうか?

ちゃーるさんの涙の訴えにみなさんからコメントがつきました。

 

takuemiさん

「これはえらいこっちゃやな!

でも、地下茎はやられてないわ!

葉っぱだけね! このやられた葉っぱは再生しないが、

どんどこと、次から次へとでてくるわ!

まだ、芋付いてない時期やから、なんぼでも芽が出てくるわ!

 

霜対策やけど、防虫ネットは効果ないわ!

霜が降りるのは、空気が冷えると、水蒸気を蓄え切れなくなり、それが降って来る感じなんやわ! だから、空気が滞留するとこが危ないな!

どしゃっと株元に土を被せて、株を守れば、葉っぱなんか気にせんでもいいと思うな?」

 

takuemiさんから葉っぱは気にしなくてもいいのではないか?ということ。

地下の茎がしっかりしていれば大乗なようです。

 

ちゃーるさん

「takuemiさん

そうなんです。2、3日前から霜の情報出てて、大丈夫だったのに今日見たらこんなになっちゃってました笑

まだ小さくてよかったって事ですね♪再生を待ちたいと思います。

 

意味ないと思ったけど買いに行けなくて、、、、

じゃあもしかしたら不織布かけないほうが良かったのかも笑

近所の人は何にもかけてなくって霜にやられてなかったから。

 

たっぷり土寄せしときました。」

 

ポコさん

「>霜が降りるって言っていたので、不織布を掛けたけど足らなくて防虫ネットにしたら案の定黒くなっちゃいました。

 

不織布を掛けたジャガイモは影響なくて、ネットの方は黒くなったということですか?

今後の対応ですが、私も凡そ20年前に同じようなことがありました。確か4月1日でした。

その際に同じようにジャガイモの葉が黒くなり地上に出ていた部分は枯れましたが、その後芽が出てきて収穫できたことを覚えています。」

 

ポコさんの、同じ状況から無事に収穫できたという経験!

頼もしいご意見です♪

 

タヌタヌ=毛玉さん

「こちらではあまりないことなので対処法、よく分かりませんが、

霜が降りるのは放射冷却現象といって、

地表の熱が宇宙空間(夜空)に放射によって逃げていくからで、

冷えた地表に空気中の水分(水蒸気)がついて凍るからです。

冷凍庫から出したてのアイスクリームの表面に霜が着くみたいな感じですね。

霜が降りる、といいますが、

実際は冷たい霜が上から降りて来るんじゃなくて、

まず地表が放射冷却で冷え、

そこに空気中の水分が結露し、氷点下だと霜になるということですね。

同じ気温でも、夜晴れている方が曇っているより、

放射熱を遮るものがなくて冷え込みます。星空は要注意ですね。

なので、霜対策は

いかに地表の熱を逃がさないか、というのを考えると

対処の工夫が出来るかも知れませんね。」

 

ポコさんからは霜の発生状況と対策について教えていただきました。

こうやって原因を知ることは対策を考える上でも大事ですね!

 

もとじさん

「はじめまして。

ジャガイモの霜よけは不織布のベタ掛けではダメらしいです。

不織布とジャガイモの間に空間を作って、裾は開けておかないといけないらしいです。

トンネルではなく傘のイメージ。理屈は分かりますが、自分では試したことはありません (^-^;」

 

もとじさんから、不織布を掛ける時のアドバイス。

なるほど、空間を作ることがキモですね。

 

カントリー親父さん

「私の防霜対策です。

長い不織布がないので防虫ネットでトンネルです。

右の畝はまだ発芽間もないチビ助なので刈った草を

乗せています。藁なんかもいいですね。

ご参考まで。」

 

巌鷲仙人さん

「霜予報があったら、夕方に新聞紙をべたがけし四隅を土で抑え、翌朝に外せば問題ありません。ジャガイモはアンデス高地原産ですので強いですよ^^

 

ジャガイモの苗は普段は何もかけていません。但し、天気予報で明朝の霜注意報が出たときの夕方に、2枚厚の新聞紙をべたがけにします。翌朝~昼に外します。この方法はジャガイモの葉が新聞紙で隠れる程度の大きさの場合に適用します。翌日、ジャガイモの茎がへたっていても、折らない限り回復しますので、ご心配なく。頑張りましょう。」

 

タヌタヌ=毛玉さん

「霜が降りるのは風がない時が多いので、

新聞紙を掛けていても風で飛ばされる心配がなくていいですね。

逆にいえば、新聞紙が飛ばされるような風があるときは

霜が降りにくい、ということですね。」

 

草と藁と新聞紙…色々な霜対策がありますね、勉強になります。

 

ロンキチさん

「これ位なら復活しますよ。

ファイト!」

 

ロンキチさんからは温かいエールが☆

みなさんの知識や経験からの頼もしいアドバイス、

霜で悩んでいる方にとても参考になるのではないでしょうか?
また、葉っぱが少しへたってしまっても、心配ないようですね!

じゃがいもの植え付けを終えられた方も多いと思いますので、

ぜひみなさんにご覧になっていただきたいやり取りでした!

 

ちゃーるさんの投稿は、

菜園ナビ内で公開いただいています♪

https://saien-navi.jp/pg/blog/read/6356906/