こんにちは!

菜園ナビ事務局ワイです。

週末は激しい雨が降った所もあるかと思います…

日曜日は、田んぼの様子を確認している農家の方をよく見かけました。

苗の生育に影響がないことをお祈りいたします。

 

さて、本日は菜園ナビ内で、先日行われたやり取りをご紹介いたします。

ヤマトさんがナビラー(ユーザー)のみなさんに呼びかけました。

昨年の今頃は10本くらい収穫できたけど、今年はまだ一本だけ。 水、肥料が不足気味?」

 

キュウリの1

キュウリの収穫が少ない?

 

たけさんが「葉色もおかしいですね。マグネシウム(苦土石灰などに含まれてる)不足は心当たりありますか?」

と尋ねるとヤマトさんが答えます。

「下葉から順番にといった感じで、葉脈が黄色くなります。苦土石灰少々してます。 あとはダンボールコンポストでできたものだけしか入れてないです。天恵緑汁希釈水は週1回、撒いています。」

キュウリの2

もんさん

「うーん、ちょっと下の葉がお疲れかなーって感じします。 思いきって下の枯れた羽をとってから液肥を追肥してみたらいかがでしょう?液肥をまいたあとにバケツ2~3 杯分の水を通路に貯めて灌水してあげると効果あると思います。 最近雨降らないのでからからに乾いて。根が弱ってるかもですね。出来たら薄く根元や通路にしきわらしておいてあげると根がほっとしてくれると思うんですが…」

 

カントリー親父さん

「天恵緑汁は私も使っていますが、人間で云えば 漢方・・・みたいな効用でしょうか。ビタミンとかタンパク質が摂取できる訳ではないので、肉や野菜を食べたりしますよね。 同じ様に野菜にも肥料分が必要と思います。 コンポスト資材が賄ってくれていればいいと思いますが、ご自身で確認が必要ですね。 それとコンポスト資材は完全に無機化していなければ、根っこは養分を吸収出来ません。 未熟な有機分が多いと無機化まで時間がかかって、肥効が現れにくいことにも注意が 必要ですね。」

肥料が少ないと、べと病やうどんこ病に罹りやすくなることもあるとのこと。

 

おとんとんさん

「米のとぎ汁に牛乳を加えて発酵させた「わかめちゃん魔法水」をあげてみてはどうでしょうか? それから、「キュウリの葉っぱを切るのは1日に3枚まで」と言うのを聞いたことがあります。 それ以上切ると株が弱るらしいですが、病気になって枯れている葉っぱは切っても大丈夫かな?」

 

おとんとんさんがアドバイスすると、愛用しているわかめちゃんさんが登場してご紹介くださいました。

 

わかめちゃんさん

「初めまして。 わかめちゃんと申します(o^^o) よろしくお願いいたしますm(._.)m キュウリさん、元気になって欲しいですねぇ。。 おとんとんが、おっしゃっている「わかめちゃん魔法水」ですが…

私が愛用していて、日記に綴った所…ナビラーさんが「わかめちゃん魔法水」と、名付けて下さいました♡ この、わかめちゃん魔法水は… 栄養ドリンクみたいな感じ…かな⁈ 毎日、水をあげる感じで、お野菜や花の根元にかけてあげると良いですよぉ^o^ これからの、菜園生活の為にも…一回、ペットボトルで作って見て欲しいな。 楽しみが増えますよぉ〜♡」

 

beagleさん

「ヤマトさん、こんばんは 株は立派で、とても1本の収穫とは思えませんし、肥料不足にも思えません。

そこで調べてみますと、この黒サンゴという品種は、跳び節成りです。黒サンゴは栽培経験無いですが、同じ跳び節成りに地這いキュウリありまして、これは栽培してます。主枝に雌花付きにくく、側枝に雌花が着きやすいタイプです(主枝早期摘芯推奨)。節成り種に比べて、ゆっくり実が着くタイプです。種袋なりサカタのサイトで栽培管理ご確認いただいてはいかがでしょう。 もう1つは、病気を懸念されてますが、この程度の症状で収穫出来ないことは無いと思いますよ。私のはもっと病気でも日々この位は収穫出来ますので。(品種は夏すずみかな) なお、昨年10本、今年1本とのことですが、同じ品種です?もし同じなら、そのうち伸びた側枝から収穫始まると思いますが。 ご参考まで。。。」

 

キュウリ ビーグルさん

 

キュウリの品種によって初期から収穫量が出るか、段々収穫できるのかの違いで株あたりの収穫量はどれもそう変わらないとのこと。

「これから暑くなりますので、ナビラーさんのコメントにもご留意いただき、昨年以上に収穫出来ると良いですね。」 とbeagleさん。

 

ナビラーの皆さんからたくさんのアドバイスがあり、

みなさん自分のことのように心配してくださっていました。

まだこれから見届ける余地がありそうで、一安心です。

 

もし今後も収穫が思うようにいかない場合は、

また菜園ナビで尋ねてみてくださいね。

 

みなさんも同じような症状で悩まれている方がいたら、

ぜひ上記アドバイスをご参考ください。

そして、菜園ナビでは

このような温かいやり取りがよく交わされていますよ。

ぜひ一度のぞいてみてください!

 

ヤマトさんとナビラーさんのやり取りは

コチラでご覧になれます!

https://saien-navi.jp/pg/blog/read/5758041/

 

菜園ナビの入り口はコチラ!

https://saien-navi.jp/