こんにちは!

菜園ナビ運営事務局のワイです。

今日はひなまつりですね♪

ひなまつりには菱餅、ひなあられ、ハマグリのお吸い物など

いくつか行事食があります。

ちらし寿司については、「えび」は腰が曲がるまで長生きできるように

「レンコン」は遠くまで見通しがきくように

「豆」は健康でまめに働けるようになどの願いが込められているそうです。

華やかなちらし寿司は春らしく、気分も明るくなりますよね♪

 

これからだんだんと暖かくなって、植えどきの品目も増えてきています。

(植えどきの情報は栽培教本をぜひご覧ください♪

https://saien-navi.jp/pg/expages/read/saienbook

今年の作付計画、今立てていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

本日はそんな作付計画中のナビラーさん

桜屋ひむろさんの「教えてください!」から

「こんにちは

桜屋ひむろです。

真夏のハウスの活用と屋外での育苗方法を知りたい

 

季節外れですが

栽培計画を立てたいので

ハウスを使っておられる方に質問です。

 

厳寒期の育苗用に

小型ビニールハウスを使用しているのですが

遮熱対策をしても真夏は暑くて育苗には不向きなため

雨除けが必要な作物などを作ろうかと考えています。

 

作付計画

《ハウスの条件》

大きさは3m×5m。側幕は開閉可能。

栽培可能な期間は5月~11月です。

育苗用に建てたので地植えができない(鉢植えのみ)

 

メロンかトマトが候補ですが、

ほかにこんなものを栽培したよ!!

…というのがありましたら教えて頂きたいです。

 

真夏のビニールハウスの活用法、適した作物はなんでしょうか?

おすすめの作物があればぜひ、ナビラーの皆さんのご意見を聞いてみたいです♪

 

ポコさん

「私の温室のサイズは3m×4.7mです。

今の時期はサツマイモの苗作り、サトイモの芽出しに使っています。

 

苗作り・芽出しが終わる5月末から8月末までは使用していません。

秋ごろから、トマト、キュウリ、ズッキーニ、スナップエンドウの中から

1種類づつ地植えで栽培しています。

鉢植えという限定なので葉物をお勧めします。」

 

ポコさんも今の時期は育苗で活用されているとのこと。

盛夏は避けて、秋ごろからの栽培ではハウスの中の環境を活かした栽培をされているようです。

 

桜屋ひむろさん

「秋からハウスに植えるなら

露地よりは台風などの天候の心配は減りそうです(´ч` *)

葉物も良さそうですね‼︎検討してみます。」

 

Naoさん

「自分は2坪のビニールを持っていますが、桜屋ひむろさんと同じような環境です。

 

自分も夏は利用していないですね。

設備的など、暑い空気を逃がしたりする必要もありますし、屋根部分に遮光ネットや白いものを張る必要もありますね。

 

常に管理できればできなくはないんでしょうが。現実的には難しい気がします。

無理せず、自分に合った栽培をするのがいいと思いますよ。」

 

桜屋ひむろさん

「やはり真夏は使われてないんですね。

天井に遮熱シートも入れてますが

それでも40度余裕で超えてしまうので厳しいですよね(´·×·`)

 

前述の話しのように

秋からなら抑制栽培などできそうなので

検討してみます。」

 

真夏はみなさんハウスの気温が高くなるため、使用されていないようです。

やはり雨除けや抑制栽培を目的としての活用がベターなようです。

 

そして、また別の提案も。

 

きみちゃん農園さん

「簡単な質問ですよ。閉め切っているから高温になるんでしょう!

裾を捲り上げれば、トマトでもメロンの垂直栽培でもなんでも

栽培できますよ。雨除けにもなるしね!!

夏に利用しないのは、勿体ない話です。

遮熱シート??使ったことありませんね。

トマトもメロンも他も美味しく栽培できますよ o(^-^)o

 

同じ品種で同一肥料で栽培地違いの食べ比べしたところ

全くの別物と思うくらいにハウス栽培の方が、口に合いました」

 

桜屋ひむろさん

「トマトはハウスの利点が顕著に出そうですね〜。

ハウスの暑さと病害虫が心配ですが

折角だからやってみようかなφ(゚-゚=)」

 

遮熱シートがなくても、風通しを良くすれば大丈夫かもしれない…

ハウス栽培だと味が良くなると聞くと、試してみたくなりますね!

 

今回お答えして下さったのは真夏のハウス活用でしたが、

屋外での育苗方法もぜひ回答お待ちしております!

 

桜屋ひむろさん

「また、真夏の育苗を屋外でする予定です。

苗床ではなくセルトレイを使用します。

 

こちらも雨よけや遮光など

屋外に上手く組み立てておられる方

いらっしゃいましたらご教示いただきたいです。」

 

真夏のハウスの活用法、育苗法、

なんとなく例年通り試行錯誤しているけれど、

実際みなさんがどうしているのか気になるところ…

これからのみなさんの回答にも注目していきたいです。

自分はこんな風にかつようしているよ!夏の屋外での育苗はこうしているよ!

という方がいらっしゃいましたら、ぜひ、コメントください☆

桜屋ひむろさんの投稿は菜園ナビでご覧いただけます♪

https://saien-navi.jp/pg/blog/read/6264356/

 

今の時期から、今年は何を育てるか、どこで育てるか計画していると、

気付きや疑問がたくさん出てくると思います。

その時には、菜園ナビで先輩ナビラーさんの記録をご覧になったり、

コメントで質問してみたり、栽培を始める前に動き出してみてください☆

「オンライン講習会」でも播種、育苗から気を付けるポイントがいくつか上がっていました。

育て始める前に予習して、今年は美味しい作物をたくさん収穫しましょう!

今から楽しみですね♪