こんにちは!

菜園ナビ運営事務局のワイです♪

福岡はここ最近暖かくて小春日和…

近場をドライブしていると、梅や菜の花など、お花が咲いているのもたくさん見かけました!

 

さて、本日は菜園ナビの自動計算機能「積算温度計算機」についてご紹介!

積算温度とは…

該当期間の1日あたりの平均気温を合計したものです。

菜園ナビ上での「積算温度」は、作物をサイトに登録した日(植付け日)から毎日の日平均気温を足したものです。
一般に植物は温かいと生長が早くなり、寒いと生長が鈍ります。

そこで毎日の平均気温を足していった積算温度の記録を取ることで、

何℃の時に作物がどのように育っていたかを記録していれば、次に栽培する際の参考資料として活用できます。

積算温度は作物の状態の、一つの参考になります。

 

例えば、毎年3月15日にジャガイモを植えて6月15日頃に収穫していました。

それが今年は5月が寒く、6月15日を過ぎても、ジャガイモに収穫のサイン(葉や茎が黄色に変化)が出ていない。

そんな時、昨年のジャガイモの積算温度の記録と比較してください。

栽培期間は一緒でも、積算温度に違いがあり、生長に差が出ることがあります。

 

菜園ナビは、そんな積算温度を自動で計算してくれる機能があります!

コラム用アイコン

プロフィールに「菜園の場所」を登録しておくと、

開始日と終了日を指定して、実行ボタンを押すだけで入力した期間の積算温度と日数が表示されます。

詳しくはコチラから⇓

https://saien-navi.jp/mod/saienskin_13s/graphics/guide/guide20.html

 

そんな便利な機能が使える菜園ナビは、登録・利用が無料です♪

ぜひ今年の栽培最盛期前に登録されてみてください!

https://saien-navi.jp/