こんにちは、菜園ナビ事務局のRです!

朝晩は涼しくなってきましたね♪

これから、少しずつ農作業しやすい気温になっていくのではないでしょうか。

 

 

涼しくなってきたら、鍋が食べたくなりますね。

簡単で身体があたたまる上に野菜もたくさん食べられて、いいこと尽くしです(笑)

 

鍋に欠かせない野菜はいろいろありますが、私のイチオシは大根

今植えると、冬には美味しい大根が収穫出来ますので

ぜひ皆さんチャレンジしてみてください!

 

 

それでは、育て方を見ていきましょう。

 

大根には春まきと秋まきの2種類があり、

家庭菜園では栽培しやすい秋まきがおすすめです。

 

 

春まきは4~5月に種をまき、6月頃収穫。

秋まきは8~9月に種をまき、10~12月頃収穫します。

種は直接畝に、30cm間隔で3粒ぐらいずつまきましょう。

本日は、チックさんにお写真をお借りしました。

1

可愛らしい芽が生えてきました!

 

 

 

間引きは一度に行わず、2回に分けて行います。

1回目は本葉が2枚の時に子葉の形が悪い個体や、

虫に食われたものを引き抜いて2本に間引きします。

2回目は6枚の時に1本に間引きします。

2

こちらはそろそろ1回目の間引きかな?

というタイミングですね!

 

 

 

大根の葉が地面の方に垂れ下がってきたら収穫時です。

収穫が遅れると、すが入り固くなるので要注意!

(すが入る・・・隙間や穴があいてスポンジ状になってしまうこと)

3

とても立派で美味しそうな大根ですね!!!

 

 

 

大根の葉もじゃこと炒めてふりかけなどにすると、

美味しく食べられるのでおすすめです♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

今から栽培にチャレンジすると、冬には美味しい大根が食べられますよ。

鍋以外にも、おでんや煮物など様々なお料理に使える大根、

ぜひ、みなさんの日記を参考に育ててみてください!

 

 

チックさんの日記はこちらからご覧いただけます♪

https://saien-navi.jp/pg/saiennavi/read/4623482

 

 

イラスト付きで分かりやすい、栽培教本はこちら!

https://saien-navi.jp/pg/expages/read/sb013