はじめまして、菜園ナビ事務局のRです!

 

私もこれからたまに登場することがあるかと思いますので、

どうぞよろしくお願いします♪

 

 

本日は夏に欠かせない野菜「シソ」の育て方をご紹介します!

 

日本では古くから栽培され、和のハーブとも呼ばれているシソ。

 

大葉と呼ばれる緑色の葉は薬味としてはもちろん、

天ぷらにしてもよし、豚肉+チーズなどで巻いてもよし・・・

無限の可能性を秘めていますよね!

 

他にはシソジュースの材料や、梅干しの色付けとして使われる

赤紫色の赤じそがあります。

 

 

それでは、さっそく育て方を見ていきましょう!

 

 

種まきは4~6月、植え付けは5~7月、収穫は9~10月に行います。

 

シソは発芽に20℃以上必要な植物ですので、

暖かくなってから種まきをします。

 

種の皮が硬くて水分を吸収しにくいので、種を一晩水につけて

吸水させてからまきましょう。

発芽まで、土を乾燥させないように注意が必要です!

 

本日はヤスサンさんのお写真をお借りしました。

 

1

新芽はシソの葉と形が違いますね!

 

上手く育てると葉がたくさん茂るので蒸れを防ぐためにも、

植え付けは15~30cmの間隔をあけます。

2

 

このように成長してきました。

とても立派に育っていますね!

3

本葉が10枚以上になったら下の葉を順次収穫していきます。

 

収穫後もわき芽から次々と葉が生えてきますよ。

 

4

シソは葉っぱだけでなく芽や花、実も食べることが出来ます!

収穫したものをまるごと楽しめるのも、

家庭菜園の醍醐味の1つですよね(^^)♪

 

 

 

ヤスサンさんの日記は菜園ナビ内でご覧いただけます。

https://saien-navi.jp/pg/saiennavi/read/371511

今が植えどきの「シソ」。栽培教本を参考に育ててみてくださいね♪

https://saien-navi.jp/pg/expages/read/sb009