100円ショップには種や菜園用品などを取り扱っているお店もあります。菜園アイテムを身近で買えたり、安く買えたりと、便利に感じている方も多いのではないでしょうか。ところが菜園アイテム以外のものでも、家庭菜園に活用できるものがあるそうです。今回はナビラーさんの100円ショップ活用方法をご紹介します。

プランターの不織布

「はむたろう」さんは、防寒や防虫等のための不織布をプランターにきれいにかけるのがなかなか大変だと感じていました。不織布は100円ショップでも売っていることがあるのですが、より簡単に囲むために服や布団用のカバーを使うことを「はむたろう」さんは思いつきました。

saien-navi-matome_23_100en
例えばこのドレスカバー(写真は中身を取り出した後)で、プランターを下からすっぽりと覆います。すると簡単に支柱ごと囲うことができるのだそうです。
saien-navi-matome_23_100en2

大きなプランターには布団の収納袋を使います。
saien-navi-matome_23_100en3
支柱が長くてもすっぽりと入ります。もし支柱が短い場合は、写真のように上部を折りたたむといいそうです。
saien-navi-matome_23_100en4

種袋の整理場所

「ありんこ」さんは種袋が増えてきて、把握しきれずに困っていました。そこで活用したのが100円ショップの写真用アルバムです。
saien-navi-matome_23_100en5

ありんこさん 蒔く時期やハーブ類。などに分けて収納してみました。。。
お茶を片手に読書。。。と、思いきや、種を眺めてはニンマリ。

トマトのカラス除けネット

「シン」さんは大玉トマトにカラス除けのネットをかけて育てました。使ったのは100円ショップで売られている、キッチンの三角コーナー用のネット。これでカラスにくわえて持って行かれることは無くなったそうです。
saien-navi-matome_23_100en7

いかがでしたか?ナビラーさんはそれぞれユニークな活用方法をしていましたね。100円ショップ以外でも、「これは菜園の〇〇に使えるかも?」と考えるのも楽しそうです。もしおすすめのアイデアがあれば、ぜひ「菜園ナビ」で教えてくださいね。