saien-navi-matome_20_pakchee6

パクチー人気が高まってきていますね。この夏にパクチーを食べて「育ててみようかな」とふと思った方も多いのではないのでしょうか。実はパクチーは秋や冬に植えても、ちゃんと収穫できるのです。これから試してみてはいかがでしょう?

今回ご紹介するのは神奈川県の「ハマロク」さんの投稿日記です。もともと植えていたパクチーに種ができて、それが自然にこぼれたところに発芽しました。そしてまた種ができて、と繰り返しているそうです。パクチーの種はコリアンダーシードというスパイスですね。種をとれば料理にも使えます。

冬の間ゆっくり育つパクチー

「ハマロク」さんがパクチーの発芽を記録したのは12月1日です。
saien-navi-matome_20_pakchee1

実は「ハマロク」さんはパクチーを花として育てていて、植えているのも花壇なのです。いったいどんな花なんでしょう?5月の開花まで、葉が育つ様子から追いかけてみましょう。

冬の間、成長はゆっくりです。1ヶ月後もこの様子。
saien-navi-matome_20_pakchee2

2ヶ月後、隣ではパンジーが咲いてきました。
saien-navi-matome_20_pakchee3

3ヶ月がたち3月になると、ゆっくり大きくなってきました。大雪も乗り越えたそうです。
saien-navi-matome_20_pakchee4

4月、チューリップの横で大きく育ち始めています。
saien-navi-matome_20_pakchee5

これだけ育つと、近くを通るだけでパクチーのにおいがします。
saien-navi-matome_20_pakchee6

パクチーの開花とコリアンダーシード誕生

5月、パクチーの花が咲きました。「ハマロク」さんはこの花がとても気に入っています。
saien-navi-matome_20_pakchee7

ハマロクさん 実はこの花、ほんとにチタンホワイトのように真っ白なんです。風にそよぐと大変綺麗です。

そして6月末、ついに種ができました。コリアンダーシードです。「ハマロク」さんの花壇では、この種がまたこぼれて、翌年のパクチー畑が育ちます。
saien-navi-matome_20_pakchee8

葉も花も種も、パクチーはいろいろ楽しめるんですね。
秋冬に植えると、春もパクチー収穫を楽しめます。パクチーが大好きな人は、春にも植えると夏秋もまたパクチーを収穫できますよ。種のまき方など、詳しい栽培方法はほかのナビラーさんの日記も参考に、ぜひ試してみてください。