こんにちは、菜園ナビ事務局のRです。

本日、菜園ナビではオンラインイベント「教えてください!@オンラインオフ会」を開催しました♪

 

家庭菜園をしていて疑問に思ったこと、悩んでいることなどをナビラー(菜園ナビのユーザー)さん達にZoom上で自由にワイワイお話していただきました。

本日の様子はまた後日ご紹介させていただきますね。

 

 

さて、今回は枝豆の育て方をご紹介したいと思います。

 

大豆を若いうちに収穫して野菜として食べるのが枝豆。

おつまみの定番の枝豆はタンパク質や食物繊維、カリウムなどの栄養素がたっぷり含まれています♪

 

植えどきは4~5月、収穫時期は7~8月頃。

今から植えれば、ビールが美味しい季節に収穫出来ますよ!笑

 

では、育て方を見ていきましょう♪

 

マメ科の作物は空気中にある窒素を利用して育つため、肥料は少なめでもOK。

種まき、苗の植付けの1週間前には土づくりをします。

 

 

畑に直まきもできますが、鳥害対策が必要なのでポットなどに植え、育苗して移植する方法もおすすめ。

深さ2cm程度の深さの穴をあけ、種をまきます。種と土が密着するように軽く手で表面を押さえ、たっぷりと水やりをします。

種まき直後は鳥が豆や目を食べてしまうことがあるため、不織布をかけたり、マルチをします。

 

本葉が2〜3枚生えてきたら、生長のよい苗を1〜2本残して間引きします。

 

 

こちらは発芽の様子!

本日はシンさんにお写真をお借りしました。

1

 

 

わき芽が5~6か所くらいまで育ったら、茎の先端を切り落とす「摘心(てきしん)」をします。

摘心をすることで、茎の養分が枝の生育に回るため、枝数が増えやすくなります。

 

 

下葉の色が薄い時は株元から10cm程度離れたところに追肥をします。

3

 

 

いよいよ収穫です!

株ごと引き抜くか、身が入っているものを摘み取りましょう。

4

5

きれいな枝豆が収穫出来ました♪

 

枝豆はちょうど今が植えどきですので、よかったら栽培にチャレンジしてみてくださいね。

 

 

▼シンさんの日記はこちらからご覧になれます!

https://saien-navi.jp/pg/saiennavi/read/4241940

 

▼イラスト付きで育て方を紹介♪「栽培教本」はこちら。

https://saien-navi.jp/pg/expages/read/sb001