こんにちは!

菜園ナビ運営事務局のワイです♪

最近職場の屋上で、家庭菜園することを計画しています。

日差しが強い・カラスがいる等心配なことも多いですが…

菜園ナビでご相談しようと思うので、

ぜひチェックしていてくださいね♪

菜園ナビ https://saien-navi.jp/

 

さて、本日はSママさんの投稿をご紹介します!

「店頭に 楽しみにしていたトマトやきゅうりの苗が並んでいました!

いますぐにでも買って畑に植えたい。

けれど、4月末まで待った方が良いですか?

良い苗が売り切れてしまうのではと心配です

 

何が良い苗かもわかりませんが、

初心者でも育てやすくて、

実がたくさんなる、

甘いトマトと美味しいキュウリの

おすすめの品種と買い時を教えてください〜!

 

アドバイス、よろしくお願いします

ちなみに、スペースは2m×1.5mで、

トマト(ミニ、ミディアム、大玉を1株ずつ)3株、

キュウリ3株、ナス2株の予定です。

初歩的な質問でスミマセン…」

キャプチャ

 

私も先日ホームセンターに行くと様々な苗が並んでいて

「甘いトマト!」「新品種」なんて言葉が躍っていると、

すぐに買って植えたくなりました。

この苗、植えどきはいつでしょうか?

 

Sママさんの「教えてください!」にさっそくアドバイスが。

ポコさん

「私ならこの時期には苗を購入しません。

理由はこの時期に定植するには早すぎるからです。

苗の購入時期は定植予定の4月20日頃かな。

苗はゴールデンウイーク過ぎまでHCに並びますから心配無用です。」

 

なるほど!ポコさんによると定植するには少し早すぎるようですね…

オススメ品種もご紹介してくれました♪

 

続いてみなさん、続々とコメントしてくださいます。

六実のおじさんさん

「苗を売ってるということは、ほぼ大丈夫。

ハウスで育苗出荷されてます。植え付ける前に一度慣れさせた方がいいかも。

少量でも、やってみてください。楽しくなりますよ。」

 

カントリー親父さん

「焦ることはありません。

4月の下旬に下見・購入、しばらく外気に

慣らしてから、GWに植え付けでいけますよ!」

 

六実のおじさんさんは大丈夫とのご意見。

そして、カントリー親父さんが補足してくださいました。

慣らすというのは、『外気に慣らす』ということなんですね♪

場所にもよりますし、みなさん様々な見解です。

 

ゴンちゃんさん

「まだ早いです。

何度も定植して枯れたという人がいますよ!

暖冬とは言え、早すぎます。

ホームセンターでも対応はいろいろで、普通に売っている所もあれば、

保温施設のある所で栽培してください。と注意書きがしてあります。」

 

いさっちさん

「保温しないのなら みなさんが書かれてる様に

4月20前後に購入するのをお勧めします。

 

今年のGWのスケジュールだと

27~28日大量入荷のラストじゃないしょうか?

GW後はトマトとかは減りそうな気がします。

 

愛知だと例年はGW後は老化苗のセールで殆ど入荷しないし

良い苗が選べ無くなるので20~24 ,

27~28 がチャンスだと思います。

(お店で入荷予定日を聞いておくのも良いかもしれませね)

その頃だと地温が上がり過ぎる事もあるので、

定植時は地温が低い時間帯にした方が良いかもですね。」

 

ペンギンさん

「キュウリは寒がりなので、4/20前後に買って、

屋外で2,3日以上外気浴させて、マルチ畝に植え付けて、

行燈かホットキャップもしてください。しばらくパスですね。

 

トマトは5度以下の遅霜に気をつければ、今シーズンは例外ですが、

暖かい春予報なので、今でも気に入った苗が見つかれば、

苗を購入して、陽当たりの良い軒下などで育苗して、

開花させてからマルチ畝に植え付けると良いと思います。

 

苗は個数によりますが、ミニトマト、

中玉トマトから栽培されることをお勧めします。大玉トマトは難易度が高いです。

 

ちょっと早い時期のトマト定植には、マルチは必須です。

連休中の定植であれば不要です。

 

マルチにはいろいろな効用があります。

トマト栽培では盛夏を除けば、水やりが不要で、

畝の水分変量が少ないので、

未割れが少なく美味しいトマトを収穫することができます。

 

土の跳ね返りで、病原菌などの汚染リスクが減るので、

健全に育て易くなります。

 

トマトは、霜に直接会わせないようにする事だけ注意してください。

最低気温が5度未満だと遅霜注意報が出る事が多いです。

 

面倒かもしれませんが、

菜園のある場所の天気予報には十分注意を払ってください。

今シーズンは高温注意報が出ている地域が多い特殊なケースになります。

 

5度未満の場合には、百均に行って、菜園用の不織布を買って、

ふんわりと覆ってやり、風に飛ばされないように、

不織布の端を石コロなどで重しをするだけで大丈夫です。」

 

ペンギンさんが注意点を詳しく教えてくださいました。

トマト栽培のコツもたくさんありますね!

経験に基づいた知識はすごく勉強になります。

そしてこの後、マルチの話に。

 

コンタさん

「マルチの使用目的はいろいろかと思います。

トマトのマルチは雨水等が直接根に届くのを減らすため、

ナスに使えば土の乾燥防止です。

ややこしいでけれど。

温度上昇を防ぎたければ、黒マルチではなく、

シルバーマルチ等の使用がお奨めかと思います。」

 

いさっちさん

「私は全シーズン、全ての野菜にマルチを使ってますが、

4月20日辺りを境目に定植する物にはシルバーマルチを張ります。

秋から栽培する物から黒マルチになります。

地温コントロールや虫避け、水分のコントロールや防草とか色んな効果が有ります。

 

色んな事を楽しんでやったら拘りみたいな物や

目標とか出来たら益々楽しく成って来ると思います。」

 

マルチも用途によって種類を使い分けた方がよさそうですね。

栽培の予習がしっかりできて、

定植前の準備で、また少し忙しくなりそうですね!

 

ボリュームが大きくなってしまうので、

オススメ品種の部分は省きましたが、

投稿にはみなさんからさまざまな提案がありました!

色々な品種を聞くと、どれもよさそうで悩んでしまいますが

ワクワクする、嬉しい悩み♪

ぜひ投稿を覗いてみてくださいね!

 

Sママさんの投稿は菜園ナビで公開して下さっています。

https://saien-navi.jp/pg/blog/read/6334805/

 

私も屋上でトマトを育てたい…いやでもカラスが…

植える前に、菜園ナビに助けを求めます~!