こんにちは!

菜園ナビ運営事務局のワイです。

みなさん、サトイモは好きですか?

私は大好きです。

初めて家で採れたてのサトイモを食べた時、

あまりに美味しくて、友人達に美味しさを熱弁し回ったほどです。

 

さて、本日はそんなサトイモの疑問、

しげももさんの「教えてください!」

 

しげももさん

「なかなか理解できておらずどなたかご教示ください!
種芋から育った元の芋?→茎葉が生えていたものの写真です↓

サトイモ1

そこで質問
①来年も種芋として使えるの?
②種芋にはならないが普通に食べれるの?
③種芋にもならず、また旨くもなく捨てるのみ

 

いったん種芋としての役目を終えた後、

みなさんどうしているのでしょうか?

 

その質問に、まずはもんさんが

答えてくださいました。

 

もんさん

「親芋使って次の年の栽培をし続けて3年目です。
親芋は年々育ってJの形に近くなります。芽を下にして逆さの植えると、

種芋から芽が出て親芋を作り、U ターンして地上に出てくるので、

自然にそうなって来るんです。

さて質問のお答えですが、種芋に使えます。

回りの芋を外したら、新聞紙にくるんでネットなどに入れ、

室内の暖かい場所に置いて冬越しさせます。

4月になったら外皮を触ってみて、

硬いようなら先端を剥いてみると芽が確認できるはずなので、

下旬に芽を下にして植えます。
場所があるなら土に埋めた方が確実です。

親芋だけネットに入れ、地上から20 cm 深さ以上の穴を掘って埋めます。

ひもを出して目印にしておくといいです。

霜で傷まなければ、同様に春に芽が出てきますので、それを植えます。」

 

親芋を使って作り続けて3年目の先輩の

安心できるご指導!

すごく分かりやすいご説明です。

 

質問①に対する答えはすぐにお答えいただけました。

 

そして、ゴンちゃんさんが

種芋を植えるとどうなるのか教えてくださいます。

 

ゴンちゃんさん

「種芋を植え付けると、芽が出て新たな親芋が出来て、

種芋は養分を使い果たして消えてしまいます。
種芋が残ることはありません。
翌年は新たな親芋で植え付けるという循環になります。

大きな親芋は、切り分けて乾燥させれば1個が4個にすることも可能です。」

 

なるほど、そのまま親芋が残るわけではなく、

養分となり消えてしまうんですね。

それからまた新たな種芋が育って、翌年も栽培することができるとのこと。

 

それでは②に関しては、

種芋は食べることはできるのでしょうか?

 

たけさん

「品種に寄りそうですけどね。
何となくしっかりしていれば(ぐんにゃりしてなければ)食べられそうです。
親芋食べる品種もあったかと。」

 

品種によって調理の仕方は気を付けなければいけませんが、

食べることも出来そうです。

みなさん続々とアドバイスをくださいました。

 

かただんごさん

「質問に対する回答としては、「種芋にも食用にもなる」でしょうか。

食用については、たけさんのコメントにあるように

品種でアクやヌメリの違いがあるようです。

下茹でを丁寧にすることで、子芋や孫芋と同様に使えます。
親芋で一番美味しいのは八つ頭でしょうか、郷里の雑煮にはこれが入ってました。」

 

ゴンちゃんさん

「一般的な里芋の代表種の石川早生や土垂は食べれますね!
私はちばまるを栽培していますが、

これは固くてどうしてもダメでした。
大きすぎるからかもしれませんね!

私は、親芋も種芋に使ったりしています。
土に埋めておくのが一番ですが、

新聞紙にくるんで保管する手もありですね。
逆さに植えると土寄せの量が少なくて済むのでお勧めです。
私は面倒なので横向きに植えます。」

 

サトイモの品種、たくさん出てきました。

八つ頭、石川早生、土垂、ちばまる…

 

そして、気になるその味については…

 

ゆみねね♪さん

「さて、親芋の「お味」でございますが
味、というより「食感」が通常の小芋、孫芋と違って
若干サクッとしてますよ。
ネットリ系では無くて、歯切れの良い感じです。
私は好きですけどね。
味噌汁に入れると良いかも。」

 

ありんこさん

「私も親芋好きです!
下茹でしっかり圧力鍋でして、刻んで豚汁に入れるのが定番です☆
小芋は茹でて塩パラや芋煮が好きです♪
どっちも美味しく頂きます!
多い時は茹でてカットしたのを冷凍庫へ。

 

香りも堪能できますよ♪
つるん!とした食感といい最高です。
飽きたら、ひき肉炒めて麺つゆと、

仕上げに水溶き片栗粉で餡を作ってお芋にかけたら

お手軽に味変してまた楽しめます♪」

 

味を聞いてると、食べるのも魅力的です!♡

サクサクのサトイモ、気になります。

 

かただんごさん

「上のありんこさんのレシピの麺つゆを白だしに代えて、

最後に柚子の皮なんかパラパラしたら、更に味変&香変。

ひき肉は鶏胸肉がいいかな。」

 

サトイモ親芋レシピで盛り上がっていますね♪

美味しそうです。

想像するだけで、お腹が空きます。

 

極めつけはゆみねね♪さんの…

「親芋とカボチャを煮てみましたよ。
親芋はなかなか煮崩れないので、カボチャが煮崩れて
食感の違いも楽しめてよかったですよ。」

サトイモ2

 

カボチャの甘さとサトイモのサクサクホクホク、

間違いなく美味しいですね!

 

かもめ♡さん

「私も食べるし種イモにもします。
食べる時は、葉っぱが出てる側を多めに切り取って下さいね。
茎に近い部分はゴリゴリ硬い感じのサトイモで、

美味しくなかったりしますから。

今年、親芋を植えたのですが、とても大きく育ってくれました。
小芋を植える時も、大きい物を選んで植えると良いみたいです。

かただんごさんがやってる保存方法で、

掘り上げずにそのまま埋めておいて、食べる時にその都度掘り上げるってのを、

今年はやってみようかと思っております。
いつもは一旦掘り上げて、別の場所に埋めてたんですが、

どちらが使い勝手が良いか試してみようと思っております。」

 

そこで、かただんごさんから親芋の保存方法について追記です。

 

かただんごさん

「掘り上げずにそのまま保存ですが、地域によっては防寒が必要です。

また湿りすぎると腐りますので、ご配慮を。

私は茎を切り取り、残渣や切り藁を被せて古マルチで覆ってます。

更にその上に残渣でカバーすれば最適。
保存の目的によって最適な保存方法を選べばいいと思いますよ。」

 

親芋の保存方法も、

新聞紙でくるんだり、土に埋めたり、掘り上げずにそのままだったり

様々な方法があるのですね。

聞いてみないと知りませんでした。

 

しげももさん

「昨年、いただきもので育てた時は親芋を廃棄してしまったようで、

もったいないことをしちゃって反省しきりモードだったので、

今年は絶対聞こうと思ってました。

土埋めできずで新聞紙方式となりますが、

来春まで持てば横植えにもチャレンジしてみます。
ありがとうございました!」

 

しげももさん、今年聞いていただけて良かったです。

ナビラー(ユーザー)のみなさんも関心の高い内容で、

みなさんから色々なお話を聞くことが出来ました!

 

栽培は終了したけれど、その後は?

これはどうしたらいいの?

といった実際に育てて浮かぶ疑問は、

なかなか本やインターネットで調べるのが難しいですよね。

答えも一つではなかったり、

育てた方のお話を聞いてみたかったり。

 

菜園ナビには、そんなお悩みを相談できる場所があります♪

 

しげももさんとナビラーさんのやり取りは、

菜園ナビにご登録後にご覧になれます!

https://saien-navi.jp/pg/blog/read/6031613/?fbclid=IwAR2Y-dYHHw2kg7mSXPG7CNCM3KsR-5LGkU14BAwxwkekP7pqp9UqUHdoPaU

 

菜園ナビは登録無料です♪

ご登録はこちらから☆

https://saien-navi.jp/