前回に続き今回も、野菜に栄養を与えるために自作で取り組むナビラーさんたちのチャレンジをご紹介します。ご覧いただく投稿日記は「わかめちゃん」さんが2014年4月に投稿したもの。その日記が2016年の今でも参照され、コメントが集まっているのです。

学ぶ・育てる・つながりあう「菜園ナビ」では、菜園生活をしているナビラーさんたちが実際に試してみた「これならできる」「これならできた」というチャレンジが集まっています。これから菜園を始めてみたい方には、多くのナビラーさんがチャレンジしてきたこうした栽培方法も参考になるかもしれません。

 

畑に微生物を増やす、野菜の栄養ドリンクを自作

「わかめちゃん」さんは露地栽培歴6年以上のナビラーさん。大阪府の貸し農園で、自分で作って自分で食べる「自産自消」が気に入っているそうです。

そして「わかめちゃん」さんが、貸し農園の管理人から教えてもらったという「野菜さんの栄養ドリンク」がこちら。

saiennavi_matome04_01

写真左側が作ったばかりのもの、右側が1週間経過したものだそうです。右側の方はボトルがパンパンに膨れていますが、それはボトルの中で発酵が進んだからだそう。作り方について「わかめちゃん」さんはこう記しています。

“2リットルのペットボトルの9割位まで・・米のとぎ汁を入れて、後の1割位を牛乳を入れて・・満タンにして、ふたをしたら・・放置しちゃいます。(笑)

窓辺に置いとくと・・10日ぐらいで発酵してきて・・パンパンのボトルになるから・・空気をぬいちゃいます。”

これを水で薄めて露地野菜にあげているそうです。とてもシンプルですね。実際、「これならできる!」というコメントもたくさん集まりました。

そして中には自作してみた写真を添えて「もう使えるのでしょうか?」と発酵具合を質問するナビラーさんも。それが千葉県の「くりおね」さん。2016年2月に質問をコメントしました。
野菜の栄養ドリンク

この質問に、「わかめちゃん」さんは次のように回答しています。

“もう、使えますよぉ。白い塊みたいなのも、振ると・・少し、バラバラになるので使いやすくなります。濃度は、好きな薄めかたで良いですよぉ。
2倍・・10倍・・1000倍。私は、畑に行く時間が少ないので・・濃いめであげてます。白い塊も、一緒に混ぜてあげても・・良いですよぉ。”

身近なもので簡単にできる「野菜さんの栄養ドリンク」。他にも様々なチャレンジが「菜園ナビ」には集まっています。ぜひあなたも探してみませんか?

そしてもし、みんなに教えたい自作品や栽培方法をお持ちなら、「菜園ナビ」で伝えてみませんか?現在だけでなく未来のナビラーさんのヒントにもなるかもしれません。

saiennavi_icon
 
[家庭菜園SNS菜園ナビ]
http://saien-navi.jp