こんにちは!菜園ナビ運営事務局のワイです。

本日は、アイスプラントの育て方を紹介したいと思います。

2

 

みなさん、アイスプラントはご存知ですか?

乾燥地帯で生まれた多肉植物です。

育て始めてから収穫までの期間も短く、病虫害の心配も少なく、水耕栽培でも育てられるので、初心者にもおすすめですよ☆

ミネラルやビタミンが豊富で、生でサラダとして食べたり、お浸しや天ぷらとしても楽しめます。

 

発芽適温が15℃~20℃で、春か秋に育てます。3月もしくは9月頃が播種時期です

30℃以上になると葉の生長が止まってしまうので、夏場は避けないといけませんが、

室内なら冬場に育てることも可能です。

 

アイスプラントは水はけと水持ちの良い土を好み、成長すると大きな葉が横に成長するため、プランター栽培なら大きめのものを使いましょう。

種、または苗から育てることができます。ただ、種は発芽率があまりよくなく、植え付けまで時間がかかるので、初心者は苗から育てたほうがいいかもしれません。

2,3株で食卓で楽しめる量は収穫できます。

ポットだと5粒ほど、セルトレイだと3粒ほどまきます。

覆土は薄めにして、水があふれないように軽く水やりをします。

 

1

本日はゆみねね♪さんのお写真をお借りしています!

一枚目のお写真のアイスプラント、とっても瑞々しくてサラダにぴったりですね♡

 

多湿を避け、水やりは土の表面が乾いてから、たっぷりと与えるようにしてください。乾燥気味に育てるのがコツです。

 

発芽して本葉が4枚で1本立ちにします。5~6枚で植え替えて、プランターだと株間20〜30㎝間隔で1列に定植、畑だと幅60cm、高さ10cmの畝を作り、株間を50cmほどとって植付けます。葉が柔らかいので、傷つけないよう注意してください。

 

3

 

定植して2週間後、化成肥料か薄めた液肥を施します。

植え付けからおよそ20日、本葉が12枚以上になったら2%程度の塩水を与えることで、葉に塩味がつきます。

 

初収穫は、植え付けから約1か月後、株の直径が50㎝程になったら、先端の葉を4枚くらい切りとってください。しばらくすると、わき芽が伸びて成長し、どんどん増えて次々に収穫を楽しむことできます。

 

thumbnail

アイスプラントの花♡繊細で綺麗ですね♪

 

アイスプラントは、水と液体肥料の養液で植物を育てる水耕栽培でも育てられます。清潔で管理が楽なので、家庭菜園するスペースがないとお困りの方でも、室内でチャレンジしてみるのもいいかもしれません♪

楽しくアイスプラントを育てて、塩味がするプチプチの食感を味わってみましょう♪

 

イラスト付きで分かりやすい!栽培教本はコチラから☆